HOME >>  日記(yasuko)

Category 日記(yasuko)

家具をモノガタリのように①

2017年 3月 18日 18:35  by yasuko

最近の住宅事情のせいなのか、生活の中に家具があることが少なくなり、
インテリア好きの私たちは
少し淋しい気持ち。
たとえば、レストランに入った時、何か良い雰囲気と感じるのはなぜ?
隅に置かれたチェスト、壁に掛けられた絵、ほのかな灯り、ガラス瓶の小さな花、聴いたことのない音楽、自分では作れないお料理の匂い。
それはこれから始まるワクワク感、計算しきれない、微妙なニュアンスの積み重ね。
季節のものやヘンチクリンなオブジェで模様替えしてみたり、そんな風に無駄な事を楽しむとき、アンティーク家具はモノガタリを創り出す。活躍する。置く場所や敷物なんかで、存在をガラリと変える。
すべての人がそこに重きを置くわけではないけど、それで単調な日々の作業や、気持ちが持ちこたえられる時もある。とりわけ女の人は、日常の些細なことに喜びを見つける名人だから。
 
写真は、寝室で使っているウォッシュスタンド。脇についているタオルバーにはネクタイ。
上の引き出しには靴下、下には貰った手紙や誕生日のカード、それから便箋と葉書が入っている。
ガラス絵のお皿、ゆきさんの絵、パコさんのウリボ-、シリンダーのオルゴールなどを乗せて・・・・・

 

 

第九でスッキリ!!

2016年 12月 21日 16:21  by yasuko

今年は日記を書かなかったなと反省してます。img_1481
*****
振り返ってすぐに思い出すのは、やっぱり熱海かな~*
8がつの28,29日と、michikoちゃんとお店を一日閉めて熱海旅行~。
ホントは静岡にある「クレマチスの丘」
(美術館・庭園・文学館・レストラン・ショップ)ロベール・クートラスの企画展を観に行ったのでした。
たまたま熱海が至近距離だったので、温泉で一泊というくだりです。img_1464
お店オープンして15年頑張ってきたから2人でご褒美♡
出掛けたついでにアレもコレもは一切やめて、それだけのためにゆっくり純粋に楽しめました。
すんごく遅くなったけど、行かせてくれたmacchan/shochan ありがとう*
*****
年の瀬も押し迫り、押しつぶされないよう頭をスッキリさせて、仕事を片付けましょう。
私はコレ第九を大音量で!

お洗濯の話だった

2016年 10月 5日 11:24  by yasuko

img_1531 img_1532日曜日、駐車場でキリムを洗いました。
夏の汚れをデッキブラシでゴシゴシ。
キリムは基本洗剤使わず、水洗い。
踏んでもいいし、ブラシを使ってもいいです。
天気の良い日に洗って、そのまま天日干し。夕方にはすっかり乾いて、あ~洗うとやっぱり気持ちいい(^^)

世間では、空前の断捨離ブームですけど、モノを使い続けるって単純に愛着がわいて
良いモノだけを長く使うというのも、なんかなぁ違うと思っていて、
たいした良くないものでも、古くて手が掛かったり、使いづらかったり
でもそうゆうの工夫しながら使ってく、その人だけのコツや時間が愛しかったり。
そして時々、急に昔の失敗思い出して落ち込んだり、今さら恥ずかしくなったりもするけど…

おばあさんみたいですか??

 

けさの収穫

2016年 8月 4日 10:40  by yasuko

IMG_1417
チイサナ庭先に植えているアイコちゃん、リリコちゃん。
可愛らしいネーミングのミニトマトと普通のサイズのトマト。
あとはピーマン、なす、パセリ、シソ・・・・・けさの収穫。

白湯

2016年 5月 27日 16:37  by yasuko

IMG_1324
朝、白湯をのんでいます。
夜のうちに水を入れておいた南部鉄瓶をわかすこと15分。適当だけどね。
誰もいなくなった実家から一番可愛いやつ持って来ました。
そう言えば、父が八戸にいる時は毎日そうやって(沸騰しても火を止めずにずーっとチンチンさせるように言われてた)飲んでいたのは、禅やヨガを実践していたのでしょう。
あの頃アーユルヴェーダとか何も知らず、父が差し出す白湯をすすっていた。
ホント地味な家だなとか思いながら。
今はこの鉄瓶で沸かした湯冷ましを飲ませてあげたいけど。

不甲斐ない私に、毎朝湯冷ましがやさしくつたってきて慰める。