HOME >>  日記(yasuko)

Category 日記(yasuko)

鰯スパイラル

2017年 10月 20日 11:23  by yasuko

先日いただいた、いわしが美味しく、煮ても焼いても美味しかった感動を話すうちに
いわしにはご飯が似合う、よって白米を食べ過ぎる、と
どこまでもくだらない、終わりのない、話をしました。
そして、今度は宮城の「ひとめぼれ」の新米いただきました。
そうだ!白米をメインにするなら白ワインを、と食のスパイラルに自ら落ちてゆく。
楽しいのか、悲しいのか、鰯スパイラル~~~
 美味しいことには間違いないけど、秋だものね。

 

あさがお

2017年 9月 19日 15:50  by yasuko

 
9月になってから咲きはじめたあさがお。
種から蒔いたので成長が遅くて咲けないかなぁとみていた。
そういえば小学生の頃の朝顔の観察日記も希望的妄想のデフォルメで仕上げたし。
それが秋風が吹くようになってからジャックと豆の木のように上へ上へ蔓を伸ばし花を見せてくれた。
秋空の下の朝顔は、なにかすこし寂しく、かなしく、せつない。
真夏なら白地に青いろも浴衣みたいで清々しいのに。
そして昨日の台風、ひどい仕打ちを受けてボロボロの姿。すごく、寂しく、かなしく、せつないよ。

 

モノガタリのように⑤

2017年 6月 20日 14:44  by yasuko

自宅のアンティーク家具についての雑記⑤ ~ BWC(ベントウッドチェア)編
一番最初に買ったアンティークの椅子。
曲げ木のカフェチェアー。背中を少し支えてくれるようなカーブとストライプの座面。
デザインは、女性らしいモノよりこのくらいキチンとしたのが好みです。
今はおじいさん専用の椅子となり、きれいなアメ色だったのに、ある日紙やすりで削られボソボソに。。。
まぁいいや!ガッカリだけど… 気にしてません。

こぼさなくて良かった → 火傷しなくて良かった → 火事にならないで良かった → 死ななくて良かった!と年寄りと暮らすって物事に対して寛容にならざる負えないので、自分の小さなこだわりを胸にしまい、何が大切かをいちいち突きつけられる毎日。だから、私の椅子も私も平気です。。。

 形のきれいなダブルループはおばあさんの座っていたBWC。
今では車椅子なので、玄関に置かれ、食卓の席はいつもこの様に空けています。

 

 

アームがついたBWCはお父さんと息子の椅子。チューリップのBWCは座面の型押しが素敵です

 

 

 

 

これらの椅子は、20代後半、アンティークの店をまかされていたmichikoちゃんの手伝いをするようになってから、10回払いとかで少しずつ自分で買いました。

 

モノガタリのように④

2017年 5月 26日 19:13  by yasuko

大事にしている食器を入れているのはBookケース。
洋服は迷って買わないのに、
気に入った器を見つけるとどんな料理似合う?仕舞える場所ある~?
と完全に、家に連れて帰る方に気持ちが傾いている。
アンティークのBookケースは棚板も厚く、文学全集みたいなハードカバーの全何巻なんてのも平気なので、食器だって沢山入れても大丈夫。
大事にしたいものは、値段に関係なくキッチンの吊り戸棚ではなくて、Bookケースに。
そうしてステンドの硝子越しに眺めては、一人(^^)(^^)。

 

モノガタリのように③ トールボーイ

2017年 4月 8日 12:15  by yasuko

トールボーイとは高さのある収納家具のこと。
私が使っているのはそんなに背高さんではないけど、
ふつうのチェストからするとやはりトールボーイです。
ずーっと玄関に居て寒い思いをしながら、引き出しの中のお客さん用スリッパと
扉の中の子ども達の季節の帽子・マフラー・手袋の番をしてくれていましたが
玄関をなおした時に晴れて居間の住人となりました。

今は、扉の中は裁縫道具とフリッパーズギターや小沢クンの懐かしいビデオや雑誌
引き出しの上から順に、ハンカチ類、替えの電球や電池、家電の取説がお腹の中に蓄えられました。
足元の白いレースのカゴは新聞入れ、そのとなりは体重計です。
写真撮り直せばよかったけど、ホントはもうちょっとカワイイです。
(トールボーイの名誉のために!)
それではアンティーク家具についての雑記③終了しますぅ。