HOME >>  日記(yasuko)

Category 日記(yasuko)

モノガタリのように⑥

2018年 7月 25日 13:56  by yasuko


ずーっっとサボっていましたが、自宅のアンティーク家具についての雑記再開。

玄関の三和土に置かれた家具は
サイドボードともホールテーブルともつかない自由な感じが気に入っています。
お花を飾ったり、スリッパを収納したりしているのですが、
今では靴を脱いだり履いたりする時の手すり代わりに役立っています。
購入した時とはちがう家族のカタチや、価値観。
どんどん変わって、義理の親も自分も年をとってゆくけど、工夫したり癒やされたりしながら
アンティーク家具たちも使い続けたい。
地震や豪雨、猛暑、次々襲いくる災害を思う時、この小さな暮らしを「自分が置かれた立場で、
周りの人の面倒見たり助けられたりしなさい」と言っていた父を思い出す。
ほんとにモノガタリのような2018年、前半戦が終わって、小さな私の身の上にも後半戦がやって来る。

それぞれの場所へ

2018年 3月 14日 15:33  by yasuko

仕事の中でもアンティーク家具を磨くのは大好きです。
触っていると良いとこダメージ受けたとこわかってきて、妙に愛しくなってくる。
職人さんの修復の技術も素晴らしい。
スチューデントビューローとブックシェルフ。
 
丁寧に磨きました。
あなたを必要とするそれぞれの場所へ送り出すために(^^)

 

装丁にひかれて

2017年 12月 21日 17:16  by yasuko


フラっと入った八戸ブックセンター。

待ち合わせで待っていいる2.3分の間に引き寄せられました。
キレイな、きれいな装丁。こんなのに弱いんだよな。
紺の布貼りに真っ白のスタンプで載せたみたいな図柄とタイトル。
「キツネと星」
どのページも端正で美しく、どんなに大事に造本したのかと思うと
なんとなくあったかい気持ち。

 

ブルクミュラー25の練習曲

2017年 12月 13日 11:39  by yasuko

 
いただいたブルクミュラー25の練習曲。
丸山ゆき❄さんのCDジャケット愛らしい。
うーん、この中には発表会で弾いてボロボロだった曲がはいっているはず。
小学3年の頃のはなし~
家に帰って探したら教本あるし、ピアノまた始めなさい!ということか?

 

数学的媚薬とか~

2017年 11月 4日 15:00  by yasuko

声を出して読んでもらうと、おんなじ文章でも印象が全然違う。
読む人の声はもちろんですが、ちょっとした間や語尾の抑揚、その人の持つ雰囲気が反映されて
嫌いだった詩もそんなに嫌いじゃなくなるし、知っている本もこんなお話だったかと気付かされたり。
穂村弘の短歌の朗読シーンが衝撃的(世界音痴とか可笑しなエッセイしか読んでなかったので)で、
数学的媚薬もくじらぐもも素敵でした。

主人公のダメさ加減と見た目のルックスがもうドンピシャで。
「この声をきみに」終わったら寂しくなるナ。