HOME >>  日記(yasuko)

Category 日記(yasuko)

ブルクミュラー25の練習曲

2017年 12月 13日 11:39  by yasuko

 
いただいたブルクミュラー25の練習曲。
丸山ゆき❄さんのCDジャケット愛らしい。
うーん、この中には発表会で弾いてボロボロだった曲がはいっているはず。
小学3年の頃のはなし~
家に帰って探したら教本あるし、ピアノまた始めなさい!ということか?

 

数学的媚薬とか~

2017年 11月 4日 15:00  by yasuko

声を出して読んでもらうと、おんなじ文章でも印象が全然違う。
読む人の声はもちろんですが、ちょっとした間や語尾の抑揚、その人の持つ雰囲気が反映されて
嫌いだった詩もそんなに嫌いじゃなくなるし、知っている本もこんなお話だったかと気付かされたり。
穂村弘の短歌の朗読シーンが衝撃的(世界音痴とか可笑しなエッセイしか読んでなかったので)で、
数学的媚薬もくじらぐもも素敵でした。

主人公のダメさ加減と見た目のルックスがもうドンピシャで。
「この声をきみに」終わったら寂しくなるナ。

鰯スパイラル

2017年 10月 20日 11:23  by yasuko

先日いただいた、いわしが美味しく、煮ても焼いても美味しかった感動を話すうちに
いわしにはご飯が似合う、よって白米を食べ過ぎる、と
どこまでもくだらない、終わりのない、話をしました。
そして、今度は宮城の「ひとめぼれ」の新米いただきました。
そうだ!白米をメインにするなら白ワインを、と食のスパイラルに自ら落ちてゆく。
楽しいのか、悲しいのか、鰯スパイラル~~~
 美味しいことには間違いないけど、秋だものね。

 

あさがお

2017年 9月 19日 15:50  by yasuko

 
9月になってから咲きはじめたあさがお。
種から蒔いたので成長が遅くて咲けないかなぁとみていた。
そういえば小学生の頃の朝顔の観察日記も希望的妄想のデフォルメで仕上げたし。
それが秋風が吹くようになってからジャックと豆の木のように上へ上へ蔓を伸ばし花を見せてくれた。
秋空の下の朝顔は、なにかすこし寂しく、かなしく、せつない。
真夏なら白地に青いろも浴衣みたいで清々しいのに。
そして昨日の台風、ひどい仕打ちを受けてボロボロの姿。すごく、寂しく、かなしく、せつないよ。

 

モノガタリのように⑤

2017年 6月 20日 14:44  by yasuko

自宅のアンティーク家具についての雑記⑤ ~ BWC(ベントウッドチェア)編
一番最初に買ったアンティークの椅子。
曲げ木のカフェチェアー。背中を少し支えてくれるようなカーブとストライプの座面。
デザインは、女性らしいモノよりこのくらいキチンとしたのが好みです。
今はおじいさん専用の椅子となり、きれいなアメ色だったのに、ある日紙やすりで削られボソボソに。。。
まぁいいや!ガッカリだけど… 気にしてません。

こぼさなくて良かった → 火傷しなくて良かった → 火事にならないで良かった → 死ななくて良かった!と年寄りと暮らすって物事に対して寛容にならざる負えないので、自分の小さなこだわりを胸にしまい、何が大切かをいちいち突きつけられる毎日。だから、私の椅子も私も平気です。。。

 形のきれいなダブルループはおばあさんの座っていたBWC。
今では車椅子なので、玄関に置かれ、食卓の席はいつもこの様に空けています。

 

 

アームがついたBWCはお父さんと息子の椅子。チューリップのBWCは座面の型押しが素敵です

 

 

 

 

これらの椅子は、20代後半、アンティークの店をまかされていたmichikoちゃんの手伝いをするようになってから、10回払いとかで少しずつ自分で買いました。