HOME >>  日記(yasuko)

Category 日記(yasuko)

お庭えんぶり

2015年 2月 21日 11:27  by yasuko

人混みの息苦しさの中で異常に寂しくなるので、私はお祭りが得意ではありません。
それは小さい時の記憶のせいだと思うんだけど。
闘病中の母親がいる市民病院で何年も一人遠目に眺めたえんぶり。
ちっとも楽しくなかった。
けれど、ここ数年、烏帽子をかぶって舞う太夫の姿が美しいと思うようになりました。
寡黙で幻想的で直向きな舞い。思い切って観てきて良かったな。
IMG_0656 IMG_0645 IMG_0632 IMG_0660
膨大な量のセリフを暗記し一人でえびす舞を披露する一年生の男の子(拍手!)
氷の上裸足で笑いを誘う苗取り(爆笑!)、もちろん凛々しい太夫(カッコイイ!)
司会の方、せんべい汁を振る舞って下さったおばさまたち。
皆さん、ありがとうございました。

 

Homeward Bound

2014年 12月 2日 18:04  by yasuko

ずっと待っていたクリスマス商品がお店に並びました。
抑えた色の家々、木々、思っていた通りで、しばしこの小さな窓から漏れる灯りを眺めつつ。
Homeward Bound  (サイモン&ガーファンクル)  あの時ずーと聴いていた曲。

20141121 001 (2)

窓から漏れる灯り。窓は太陽のひかりを家に入れるだけのためじゃなくて。
夜道を柔らかく照らす。人の気配が感じられる。そういう意味での窓から漏れる灯り。
人影が映ったり、部屋の灯りがついたり消えたり。
部活なんかで疲れて夜道を帰る子ども(お疲れさんのお父さんも)みんなみんな。
窓のあかりの家並みを通り、ふんわりあかりの家に帰らせたい。

2014年 11月 1日 14:45  by yasuko

宇樽部キャンプ場で、AICの樹木講座に参加した時のスナップ。IMG_0487

木のベンチにふっくらと生息しているのがあまりにも自然で美しい。

それで、後日今度は蔦沼に紅葉狩りに訪れたのですが、紅葉よりも道端の苔がどうにも目に飛び込んできて(紅葉少し早かった!)苔を愛でる散策となりました。

IMG_0503IMG_0504IMG_0510

 

水辺のまあるい石、四角い石、道端の丸太にも可笑しいほど上手に生えていています。
なんか苔のけなげな努力が伝わってくる~~

 

きれいなくるま

2014年 9月 25日 17:47  by yasuko

きれいなものといえば、草木や花や空や山や海を思っていたけど、
写真道路いっぱいに溢れた車がこんなにきれいで今までの価値観が崩れ落ちた。
タイの写真はちーちゃんから。

子羊

2014年 9月 25日 15:17  by yasuko

悩めるこひつじに手を差しのべる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAひと雨ごとに地表の熱が冷めて、お昼と朝夕の気温差に悲しくなる。
ホントは日本はそんな国。少しずつ冬に向ってゆく。
今年は秋があるかな?
山はキレイな紅葉を観せてくれるかな?

深刻な災害や事件がつづく。
私達子羊は逃げ惑うばかりではいられないのに。