HOME >>  日記(michiko)

Category 日記(michiko)

THE BEST OFFER

2014年 8月 31日 21:49  by michiko

THE BEST OFFER「鑑定士と顔のない依頼人」                                         BESTOFFER
見終わってから、これ程あとを引く映画は無かった(かもしれない)。
監督:ジョゼッペ・トルナトーレ
主演:ジェフェリー・ラッシュ
天才的な鑑定眼を持ち、世界中の美術品を仕切る一流オークショニアが巻き込まれる
美しくも切ないミステリー。衝撃のラストを知ると、構図は一転する。。。
という予告編通りの映画だった事はもちろんだが、
その衝撃のラストあたりから、最後のシーンに至るわけで、その後エンドロールが流れ、
当然映画は終わってしまうのだけれど…
その後のヴァージル(ジェフェリー・ラッシュ)が気になって気になって仕方がない。
この気持を何とかしなければ……。
だからDVDを何度も何度も繰り返して観た。
繰り返して観ていたら、
プラハの「ナイト&デイ」(古い時計の部品で埋め尽くされた不思議なレストラン)の2014083120160000
奥の席にひとり座るヴァージルのこれからの人生は、
きっとそんなに不幸なものでは無いかもしれない、と確信した。
若く美しいクレアを想い(騙されたことも含め、、だってそれは理屈じゃないから)
胸を痛めながらも、本物を見抜く眼で再び美術品と関わっていくのだろうと、
そう思いたい。切ないけど切ないのも悪くない、、あ~すっきりした。。。

宇宙人

2014年 4月 15日 12:32  by michiko

001ガラスの中のちっちゃい宇宙人
どうか元気をビビビ---ッと送ってよ
身長2㎝・ガラスを飛び出したピンクの宇宙人
・・・何してんだろう自分・・・元気になりたいだけです・・・
003

マフラーのSaki

2014年 2月 16日 18:45  by michiko

秋の終わりから春のはじめまでは、マフラーのSaki
春・夏・秋の半ばまでは、マッシュルームカットのYuki
うちの玄関の小さいアンティークサイドボードの上には、
いつでも(ここ2年)SakiかYukiのどちらかがいます。(Ayakoさん作)
20131117153800012013111715380000

 

 

 

 

キャラクターグッズ

2014年 2月 16日 18:45  by michiko

昨夜の帰りは海の方からのものすごい強風と雪で、
身体に余計な力が入りまくり、
アクセルを踏む右足は小刻みに震え、ハンドルを握る手は変な汗が出てきていた。
~大丈夫、前に進んでるからそのうち到着するさ、そうだそうだ~と自分を励ましたものの、
家から80m手前の田んぼ道で遭難しそうになり、、、助けてもらった。あ”~~~
週末ごとの大雪でどれほどの人が怖かったことか。

2014021616050000


雪かきをした(してもらった)家の前に積み上げられた山、結構高いぞ。


もう、1か月半も前の話。。。

お正月、年賀状用にさらっと降った雪の上で撮った写真。
持ってるキャラクターグッズは、20年前に見つけたこのドナルドとグーフィーと、
25年前に手に入れたアラビアのムーミンのマグカップ(毎朝使ってる)。
キャラクターグッズも長年持ち続けていると…いい味が出てくるような気がする。
2014


全長:約7㎝ (ピューター)

 

鎮静剤

2014年 2月 10日 08:02  by michiko

鎮静剤   詞:マリー・ローランサン  訳:堀口大學

退屈な女よりもっと哀れなのは 悲しい女です。
悲しい女よりもっと哀れなのは 不幸な女です。
不幸な女よりもっと哀れなのは 病気の女です。
病気の女よりもっと哀れなのは 捨てられた女です。
捨てられた女よりもっと哀れなのは よるべない女です。
よるべない女よりもっと哀れなのは 追われた女です。
追われた女よりもっと哀れなのは 死んだ女です。
死んだ女よりもっと哀れなのは 忘れられた女です。

2014020912530000
「天才たちの肖像」マリー・ローランサン画
左からピカソ(愛犬フリカと)・ローランサン・アポリネール・フェルナンド


強風と大雪の日曜日、オリンピック放送の合間、高田 渡が唄うローランサンの「鎮静剤」が聴きたくなり、

「タカダワタル的」のDVDを久々にかけてみた。
モンマルトルの丘の「洗濯船」でマリー・ローランサンはアポリネールと運命的に恋に落ちるが、
ある事件をきっかけに別れてしまう。その後の彼女の心の痛みを想う。

これほど切ない女性の詩に高田渡が曲をつけて唄うと・・・ひたひたひたひたと染み込んでくる。あぁ~せつない。

2014020913160000


高田 渡  ももういない


モンマルトル」巨匠たちの青春~平野幸仁・著 と タカダワタル がカチカチッとかみ合って、

しばし100年程前のモンマルトルの丘を想い描いてみたりした(一度も行った事はないんだけれど・・・)